• ホーム
  • 家庭教師は直接契約するかパンフレットで選ぶか

家庭教師は直接契約するかパンフレットで選ぶか

髪が長い若い女性

家庭教師は派遣会社に依頼して契約するのが一般的です。
しかしツテがあれば直接契約するという方法もあります。
派遣会社を通さなければ仲介料を取られないため、依頼する側にも教える側にもメリットがあります。
また派遣会社によっては高価な教材を買わされたり、家庭教師の送迎を求められたり、契約期間に縛りがあったりします。
直接契約であれば交渉次第で、比較的自由に条件を決めることができます。
直接契約をするには大学の学生課のほか、友人・知人や現在の家庭教師から紹介してもらうのが確実な方法です。
大学に申し込むときは求人票に希望する条件を書いて提出します。
求人票を見た学生が、大学から紹介状を受けて直接連絡してくるシステムです。
学生の質やレベルはある程度信用できますし、手数料を取られることもありません。
ただし希望どおりの学生が、いつでも見つかるとは限らないのが弱点です。
最近ではインターネット上で家庭教師を紹介するサイトや掲示板も見かけます。
教える側が学歴や得意科目などを書き込み、その中から利用者が条件に合った家庭教師を選びます。
豊富な候補者から選べる点がメリットですが、ネット上のことなので、必ずしも正直に申告しているとは限らない点が問題です。
家庭教師を利用するのが初めてで、いきなり直接契約するのが不安な方は、派遣会社のパンフレットを見て選ぶのも悪くありません。
細かい交渉は会社が代行してくれるので手間がかからず、派遣される家庭教師の質も揃っていると考えられます。
何から始めて良いか分からない場合でも、一定のマニュアルに沿った指導ならば安心感が得られます。
いつでも目的に応じた家庭教師と契約できるのが利点と言えます。